Medical English Seminar “Improving doctor-patient communication, writing and presentation skills” (2019/10/27)

日本医学英語教育学会主催 医学英語セミナー

知っておきたい医師・患者間コミュニケーション、英文作成とプレゼンテーションのコツ
Improving doctor-patient communication, writing and presentation skills

対象:医師・歯科医師・看護師・メディカルスタッフ・医療系学生など

開催概要

日時:2019年10月27日(日) 10:30〜15:30
会場:慶應義塾大学医学部
  (東京都新宿区信濃町35)http://www.med.keio.ac.jp/access/
受講料:
  一般:18,000円
  会員:15,000円(日本医学英語教育学会会員対象)
  医英検3級合格者:15,000円
  (認定番号が必要です)
  研修医・大学院生:10,000円
  学生:8,000円
  (学部生に限ります)
  *事前登録でのみ受け付けます。10月10日(木)までにお申し込みください。
  参加費に教材・昼食が含まれます。
受講人数:50名(先着順)

申し込み締切:2019年10月14日(月)

Poster (PDF)

プログラム

1 Doctor-Patient Communication Skills

[講師]押味貴之(国際医療福祉大学医学部)

In this 60-min interactive seminar, participants will learn and practice doctor-patient communication skills. After the speaker introduce useful English expressions for history taking, he will cover patient-friendly communication skills for breaking bad news to patients and for responding to challenging questions from patients.

外国人患者さんが増加する中、英語での医療面接をする機会が増加しています。そして実際の英語医療面接では「定型の質問文」を暗記するだけでは対応できない場面も多くあります。この60分間のセッションでは症状を尋ねる際に有効なさまざまな英語表現を練習した後、病名告知やクレーム対応でのさまざまな英語表現と技法を練習します。
(このセッションはすべて英語で行われます。)

2 How to write an effective academic introduction

[講師]Timothy P. Williams (日本大学医学部)

  • The aim of the introduction
  • The differences and similarities between academic papers and academic essays
  • What to include in the introduction, and what to leave out
  • The structural elements that make up an effective introduction
  • The function of these structural elements and why they are necessary
  • How to use the introduction to frame your thesis/hypothesis
  • How to write a thesis statement
  • How to engage your reader

3 医学英文の代表的スタイルガイド『AMA Manual of Style』の活用法
Guide to AMA Manual of Style

[講師]内山雪枝(クリノス)

世界に通用する英語文書を作成するには、世界共通のルールで英文を書く必要があります。その際に医学分野で欠かせないのが『AMA Manual of Style』というスタイルガイドです。本セッションでは『AMA Manual of Style』の概要、特長、書籍版とオンライン版の違い、ホームページ、改訂情報等をご紹介します。『AMA Manual of Style』を使うメリットと効果的な活用法を知り、同書を最大限に活用して、世界共通のルールに則った医学英文を書きましょう!

The AMA Manual of Style is one of the must-have reference books for medical English writing. This session is an introduction to using the AMA Manual of Style. Topics to be covered include the structure, key features, online version, website, and updates of the manual. Explore the benefits of using the AMA Manual of Style, and learn how to use it effectively to improve the quality of medical documents in English.

4 印象的な学会発表のためのコツ
Tips for successful academic presentations

[講師]藤巻高光(埼玉医科大学脳神経外科)

学会発表でもっとも重要なことは発表内容の科学的な重要性である。しかし発表のスライドが十分に準備されたものでないと発表内容はきちんと聴衆につたわらない。多くの文字やデータを1枚のスライドに盛り込んだ発表に時に遭遇するが、1枚のスライドが提示される時間で聴衆が読み取れる情報は限られている。また論文の図表をそのまま使用することは避けるべきで、発表用のものを準備する必要がある。大きな文字を使い、色使いにも注意を払わなくてはならない。色使いはしばしば指摘される点であるが、明暗についての言及はあまりなされていない。この点についても強調したい。最後に、発表時間は厳密に守る必要があることを強調して、本発表の結びとする予定である。

It is no doubt that the most important point in a presentation for academic meetings is the scientific content. Nevertheless, if the presentation is not well prepared or the PowerPoint slides are not well organized, the audience might not be impressed with the talk.  Some speakers offer a great deal of information in their talks, but the listening audience can only take in a limited amount of information from each slide in a brief time. The figures and tables should not be the same as the published version, and presenters should make original ones for their presentations. Large fonts should be used and the number of words per slide should be restricted.  Color coordination is also important, and this point is mentioned in many published articles. However, the importance of brightness of text is not always well documented. This point is stressed in this presentation with examples to clarify its importance. On a last note, the presenter awareness of presentation time limitations will be emphasized. 

申込方法

受講を希望される方は,以下の手順にてお申し込みください。
受講申込フォームにお進みいただき、所定欄に入力後、送信してください。
ご入力いただいたメールアドレスに「仮受付通知」が送信されますので、ご確認ください。
「仮受付通知」に記載の方法で、受講料をお振り込みください。

受講申込フォーム

お問い合わせ

お問い合わせフォームからご連絡ください。

個人情報の取扱いについて

本セミナーを受講される方の個人情報については、セミナーの実施のためにのみ使用いたします。また、セミナーを運営する必要最小限の担当者のみが個人情報を取り扱い、第三者への開示・提供はいたしません。